• 高校生が東京で妊娠中絶をするメリットとデメリット

    高校生が東京で妊娠中絶をすると家族にばれない、適切な処置を期待できる、高校生活しやすくなるなどのメリットがあります。

    妊娠初期はお腹が目立たないことから、家族にもわかりにくいです。
    ですが、時間が経てばいつかは知られてしまいます。そのため、東京で妊娠中絶を成功させると、家族にもばれずに済ませることができます。



    また、経験豊富な医師が多いため、適切な手術をしてもらえるのもメリットです。現在の医療技術は麻酔の精度が上がっているため、痛みを感じずに処置できるのも良い部分です。あと、上手くいくと普通に高校生活をすることが可能です。

    ただ、体育の授業や部活動については、生理ということにしてしばらくは出ないほうが無難です。


    身体の調子が良くなったと判断してから出るべきです。デメリットは妊娠周期によっては中絶できない、お金がかかるなどです。


    東京の医師は優秀な人が多いですが、時間が経過した場合の妊娠中絶は断る場合がほとんどです。


    母体に悪影響を及ぼしてしまうのがその理由です。



    その時は、家族に妊娠していることを話し、今後のことについて相談するといいです。



    高校は、病気のため休学しますと言っておけば特に問題はないです。


    また、東京は物価が高いので中絶費用も結構かかります。


    費用が払えないと感じた場合は、親戚などに事情を説明して、お金を借りるのも方法の一つです。上手くいった時は身体が健康に戻った後に、バイトなどをしてお金を貯めて返済しましょう。